NEWS

パッケージなどでよく見る「あの短い英文」の正体を探る同人誌『プロダクトポエトリー研究』をC84にて無料で配布します

みなさんお待たせしました。日本同人誌デザイン協会(jadda)は、新刊『jadda 夏の自由研究シリーズ:プロダクトポエトリー研究』をコミックマーケット84にて無料で頒布します。場所は 2日目 東N-26a です。

いろんな商品のパッケージに小さな文字でちまちまっと書かれているあの短い英文、通称「プロダクト・ポエトリー」を調査すべく、現場で活躍するデザイナー4名に直接インタビューしてきました。詳しくはC84特設ページをご覧ください。

「あの英文」の正体って何なんですかね

突然ですが、↓ こういうの、見たことありませんか。

こうした外国語は、デザインニュースサイトPingMagの記事にならって「プロダクト・ポエトリー」と呼ばれています。このプロダクト・ポエトリー、身の回りの至るところで頻繁に目にすることができますが、まとまった文献がほとんどありません。そこで、「あの文章は誰が考えているの?」「プロダクト・ポエトリーは現場で何と呼称されているの?」「どうしてデザインにプロダクト・ポエトリーが使われるの?」といった疑問を、現場のデザイナーに直接取材して確かめてきました。

0円で頒布します


本誌はコミックマーケット84にて無料で頒布します。“なんとなく知っているようで実はあまり知らない” プロダクト・ポエトリーの世界をちょびっと覗いてみませんか。

誌面のイラストはゆつかさんにお願いして描いてもらいました。大変かわいいので気に入っています。


ステッカーをプレゼントします

さらにC84会場特典として、ポエトリーちゃん(仮)のイラストをプリントしたステッカーを全員にプレゼントします。いろんなところに貼って楽しもう!
※サイズ:50mm x 50mm 新刊1部につき1枚プレゼントします。


みなさんよろしくお願いします

というわけでよろしくお願いします。サクッと読める冊子にしましたので、是非スペースまでお越しいただき、無料でお持ち帰りください。

こちらもどうぞ

デザインとデザイナーをもっと知るための同人誌『jadda vol.02』のPDF版を60%OFFで販売します